2009年09月23日

SEOを駆使してRSS購読者やお気に入り登録者を増やしても利益が無しなら無駄な努力

SEOを駆使して自サイトを検索結果で上位表示させればとりあえず、多くの人に読まれるサイトにはなる。
コンテンツがそれなりに強ければ、RSS購読者やお気に入り(ブックマーク)登録者も増える。
しかしだ、どれだけRSS購読者やお気に入り(ブックマーク)登録者を増やしても利益が出ないなら無駄でしか無い。

確かに、多くの人に読まれるサイトを作れば自分の自尊心は満たせるかもしれない。
しかし、売上や利益が上がらないなら、そのサイトを維持し続ける事は通常出来ない。
売上や利益が上がらなくても良いとおっしゃる方のほうが多いだろうが、売上や利益を上げながら情報発信を通じて社会貢献して行くことも可能なのだから、そちらのほうが良いだろう。

ただ、この部分は価値観の問題とも言える。
企業家であり、経営者である私は、売上や利益を上げる事に直接的であれ、間接的であれ繋がって行かないようなサイトは作る価値が無いと思っている。
利益が出るサイト作りに成功すれば、そのサイトを通じての社会貢献と情報発信を持続する事が可能となる。

「売上が上がれば、利益が上がら無くても良いのでは?」という意見もあるだろう。
しかし、それでは駄目だ。
売上が上がっても、その売上を獲得するのに、それ以上の費用が出てしまっているなら、やはりそんなサイト作りは止めるべき。

収益(=売上)−費用がプラスなら、利益。
収益(=売上)−費用がマイナスなら、損失。

上記例では、その損失に当たる。
損失が出るという事は、貴方の企業の資本を食い潰すという事だ。
資本を食い潰すサイトを持続する事は資本が無くなれば出来なくなる。

SEO対策を施して、アクセスアップして、常連がどれだけそのサイトに付こうと、損失(=赤字)ならそんなサイトは潰すべきである。
常連がどれだけ居ようと、お気に入り(ブックマーク)登録者がどれだけ居ようと、RSS購読者がどれだけ居ようと、そんなものは自己満足の指標になっても経営の指標にはならない。

何のために、サイトにSEO対策を施すのか?
理由など最初から決まっている。
売上では無く、利益を増やす為である。
SEOの目的は検索結果で1位獲る事だが、SEMの範囲内でのSEOの目的は「サイトを上位化し、利益を上げる」事である。

PVもUUも検索順位すらもSEOの効果測定の有効な指標とはならない。
SEO対策を施した事で「売上が増えたか?」「利益は増えたか?」。
この部分がSEOを評価する上で一番重要となる。

今の私にとって、SEOでサイトのアクセスをアップさせる事、人を集める事は容易い。
昔は、RSS購読者が増えたり、お気に入り登録者が増えると喜んだものだが、今では何の喜びも感じなくなった。
重要なのはSEO対策を施した事で「売上は増えているのか?」「利益は増えているのか?」である。
情報発信を通じて社会貢献をして行くのは当たり前の事であると私は考えている。
その上で利益を上げてこそ、私も喜ぶ事が出来る。

SEO対策Yahoo!ブックマークYahoo SEOGoogle SEOはてなブックマークYahoo SEOBing SEO検索エンジン最適化Yahoo SEOトンちゃんSEO対策SEO対策ブログYahoo SEOBing SEO濃いSEO検索SEO対策濃いSEOSEMとSEO対策
posted by SEOコンサル at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

SEO対策も「分散」では無く「集中」

SEO対策も「分散」では無く「集中」が大切だ。
それを最近実感している。
最近TwitterでSEOに関する情報発信を行っているが、少し控えようかと考えている。
集客は確かに出来るが、Twitterからの発リンクはSEO効果はゼロなのでやはり思った事や感じた事はブログから情報発信した方がSEO対策者である私の場合はメリットが大きい。

FirefoxのアドオンにTwitterFoxという拡張がある。
これをインストールすると、FirefoxのブラウザからTwitterで呟けるのだ。
ログイン作業も無いし、記事タイトルを入力する必要も無いし、投稿ボタンを押す必要も無い。
FirefoxのステータスバーにTwitterFoxのアイコンがあるのでクリックして、呟いてEnterを押すだけだ。
情報発信の閾値がブログと比べるとやたらと低いので、SEO対策者の私もついツブヤイてしまう。
Twitterが今後、普及する事は確信しているが、ビジネスツールとして威力を発揮するのはまだ先の事だ。

SEO対策では、分散すればするほど競争で劣位になる。
情報発信の閾値が低過ぎてつい呟いてしまうのだが、これも分散である。
Twitterでのツブヤキは当面控えようと思う。
Twitterからの発リンクにrel="nofollow"が付いていなかったらなかなか強力なSEOツールになるのだが、それが残念だ。

当面またブログやホームページのSEOに集中しようと思う。
Twitterにまで情報発信を分散すると、満足いくだけのSEO効果を出せなくなるので。
競争に勝ち続けるには、言うまでも無く分散では無く集中が必要である。
そうは言っても、Twitterは面白い^^。

SEO対策Yahoo SEO対策Bing SEO対策Yahoo SEOGoogle SEO対策被リンクSEO対策Yahoo!SEO対策Bing SEO濃いSEOYahoo SEO検索エンジン最適化Yahoo SEO対策Yahoo! Google Bingを知るのもSEO対策上位表示SEO対策トンちゃん
posted by SEOコンサル at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

Bingの検索アルゴリズムは、Googleに結構近い。インデクサーのインデックス作成基準は全く違うが

Bingの検索アルゴリズムは、Googleに結構近い。
膨大な数の検索結果検証を毎日繰り返している間に、この事に気がついた。
とにかく、毎日来る日も来る日もBingの膨大な検索結果データを眺めていると色々見えてくる。
膨大な検索結果情報を左脳では無く、右脳で処理していく感じで流し込んで行くと、突然閃きがやってくる。

この閃きが検索アルゴリズムが見える瞬間である。
私はこうやって、YahooでもGoogleでもBingでも膨大な検索結果情報をひたすら脳に流し込んでいる。
流し込んでいる間は何も考えていない。
ただ、右脳で情報をどんどん飲み込んで行く。

それが閾値を越えた瞬間、閃きとなるのだ。
おそらく、発明と呼ばれるものも、私と同じようなプロセスを踏んで生まれてくるのではないか?

以前から私はBingの検索アルゴリズムとGoogleの検索アルゴリズムはかなり近いんじゃないかという仮説は立てていた。
管理しているサイト群やお客さん達のサイト群の検索順位などをチェックしていて感じてはいた。

逆にYahooの検索アルゴリズムはGoogle・Bingとはビックリするくらい違う。
全く別物だ。
それが今日はっきりと分かった。
もともと分かってはいたが、これだけはっきりと検索アルゴリズムの違いを識別する事は過去の自分には出来なかった。

GoogleとBingの検索アルゴリズムはかなり似ているが、クローラーやインデクサーに関しては、全く違う。
ページが「インデックス」されれば、GoogleでもBingでも似たような検索アルゴリズムで検索順位が弾き出される。
しかし、多くの場合、新規WebページはGoogleではインデックスされるが、Bingではインデックスされないので、検索結果は全く違ったものとなる。
インデクサーによる、インデックス作成基準がGoogleとBingでは全く違う。
それゆえ、検索結果は全く違ったものになる。

SEO対策Yahoo SEO対策SEOホームページ制作Yahoo SEOGoogle SEOホームページ作成Bing SEOホームページGoogle SEO対策Bing SEO対策加齢臭加齢臭サプリメント宝塚歌劇団加齢臭シャンプー加齢臭石鹸
posted by SEOコンサル at 20:34| SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。