2010年03月10日

Webという戦場を熟知している者が、戦場を知らない者にSEOで競り勝つ

「Webという戦場を熟知している者が、戦場を知らない者にSEOで競り勝つ」。

これが基本だと思います。
どんなにあがいても、自分よりWebに熟知している人間に競り勝つのは難しい。

ここで言うWebの中には、当然SEOも含まれますがSEOだけがWebでは無いです。
SEOはWebの中のほんの一部を占めるだけです。
それ以外のWebそのものについてどれだけ熟知しているかで、SEO対策のやり方も変わってくる。

言うまでも無く、より効果的なSEO対策を短時間で行うには、Webそのものに熟知している必要があります。
SEOだけで無く、Webそのものに熟知している人間は、比較的短期でSEO対策の結果を出す事が可能ですが、Webに無知であると短期でSEO対策の結果を出すのはまず無理だと思います。

購買目的キーワードの検索結果上位は間違い無く「戦場」ですが、この戦場で優位に戦いを進められるのが「Webに熟知している人間」です。
トンちゃんの場合は、インターネットを使った情報収集といえば殆どが「Web」についての情報収集です。
SEOに関する情報収集というのは滅多にやりません。
必要性を感じないからです。

Webに関する情報収集は継続的にせっせと行っております。
なぜなら、戦場で競り勝つ為にWebに関する情報・知識が「必要」だからです。

被リンクSEO格安SEOコンサルティングSEOサービス上位表示

特許事務所特許事務所 東京特許申請特許出願国際特許事務所弁理士弁理士ブログ
posted by SEOコンサル at 10:33| SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

HP制作は規模が大きいならリンクは絶対パスを使う。小さいなら相対パスもあり

テキストエディタに手打ちでHTMLやCSSを打ち込んでいる場合、ホームページ制作は規模が大きいならリンクは絶対パスを使ったほうが効率が上がる。
ホームページ制作の規模が小さいなら相対パスもありだ。

ちなみに絶対パスを使うからSEO上、高く評価されるだとか、相対パスを使うとSEO上、低く評価されるとかそういった事は一切気にする必要は無い。
相対パスと絶対パスのどちらを使おうが、上位表示させる上で何ら障害にはならない。
基本的は、貴方が好きな方を使えば良いのだ。

それでも迷う方もいらっしゃるだろう。
リンクで相対パスを使うか、絶対パスを使うか迷ったら、「どちらの方がホームページ制作を効率的に行えるか?」という質問を自分に投げかけると良い。
その答えとなる方のパスを貴方は使えば良い。

ある程度、テキストエディタで手打ちでHTMLやCSSを打ち込むという事をやって来た方なら、迷うことなく絶対パスを選択すると思う。
少なくとも私は、手打ちでホームページを制作する時のリンク設置では絶対パスを使う。
相対パスはまず使わない。
なぜなら、リンクを絶対パスで記述しておけば、トップページのHTMLソースをコピーすればそのまま他のサブページにもそのHTMLソースが使えるからだ。
これが相対パスだとそうはいかない。

特にディレクトリ階層が異なるページの場合、コピーアンドペーストしたHTMLソースのリンクを全て直さねばならない。
ルートディレクトリ内のファイルからトップページへのリンクは「./」で統一出来るが、サブディレクトリ内のファイルからトップページへのリンクは「../」に直さねばならない。
「./」では、サブディレクトリページ(サブディレクトリのindex.html)への発リンクとなってしまう。

こういう事が相対パスでは生じるので、手打ちのホームページ制作でリンクに相対パスを使ってしまうとホームページ完成までに下手をすれば倍くらいの時間を取られてしまう。

小さいホームページの制作なら、相対パスのリンク設置でも良いが大規模なホームページで相対パスを使ってしまうと修正する時に・・・・苦労すると^^;。

ホームページ制作 会社ホームページ制作 格安ホームページ作成 格安SEO格安Yahoo SEO

川崎市中原区の歯医者で痛みの少ない虫歯治療や虫歯予防。白い歯も実現。
武蔵新城の歯科医院
posted by SEOコンサル at 23:37| SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クローラーが辿る事が出来る.htmlのリンク構造にする

ビジネスホームページや、ビジネスブログでクローラーが辿る事が出来ないhtmlのリンク構造を使っている方が結構いらっしゃる。

ビジネスブログやビジネスホームページでサイト内部に沢山ページを量産しても検索エンジンに認識されインデックスされなければ無いのと同じである。
サイト内部に多くのページを抱え、その全てのページからトップページや上位表示させたいページにリンクを張っても、リンクを張ったページ達が検索エンジンにインデックスされていないなら、被リンク効果はゼロである。
意味無し。

人間の目で被リンクと認識されるリンクであれば、検索エンジンも被リンクと認識するだろうと考えているようでは甘い。
検索エンジンには辿る事の難しいリンクがあるのだ。

例えば、<option>タグのvalue属性のリンクだ。
あれは基本的にGoogleでもYahooでもインデックスされない。
しかし、最近Googleでインデックスされいるページをお客様のサイトで見つけたので、Googleは<option value=""></option>のリンクを辿ってインデックスするようになったのかもしれない。

しかし、トンちゃんの実験サイトではいまだにGoogleでもインデックスされていないので、<option value="">タグはインデックスして欲しいページのリンクとしては使わない方が良いというのがトンちゃんの見解だ。

できるだけ、<a href="">タグでサイト内のリンクを構築するようにしたほうが良い。
SEO対策を意識するのであれば。

SEO会社Yahoo SEOYahoo SEO

検索エンジン対策SEO対策SEO


東京や神奈川や埼玉や千葉で一人暮らしをしているなら、単身の引越しサービスが最適。
引越しハート単身便なら急な引越しにも対応。
posted by SEOコンサル at 22:44| SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検索需要のあるキーワードで記事を書く

言うまでも無いが、検索需要の有るキーワードで記事を書かなかった場合、検索ユーザーは貴方のビジネスホームページに集まる事は無い。

サテライトサイトでは、いちいちキーワード需要を調べて記事など書いてはいられないがメインのビジネスホームページではキーワードごとの検索需要をしっかり調べてからページを作って行く必要がある。

では、ビジネスブログではどうすべきか?
ビジネスブログでは使い方次第である。
ビジネスブログのトップページが大きめのキーワードで1位表示されているなら、そのキーワードでやってくる検索ユーザーに最適化させた記事を書けばよいので、特に投稿する記事毎にキーワード選定をするだとか考える必要は無い。

アフィリエイトブログの場合使い方次第である。
上記のように、ある程度ターゲット訪問者が見込めるビッグなキーワードで上位表示されている場合は、そのターゲット訪問者に最適化した記事を書けばよいのでキーワード選定は不要だ。
定着している読者に更新頻度等も適化させて情報発信をしていけば良い。

物販アフィリでピンポイントで検索ユーザーをテールページにランディングさせる場合は、キーワードの検索需要の調査が必要だ。
読者を定着させる事が目的では無く、直にアフィリエイトリンクを辿って頂く事が目的なので、ブログの更新頻度は関係無い。
重要なのは、検索需要のあるキーワードで記事を書く事と、そのページへの外部被リンク対策のみである。

Yahoo SEOGoogle SEOSEO格安SEO格安

帽子 通販帽子屋帽子 通販 大きめのサイズキャスケット 通販ハット 通販
posted by SEOコンサル at 21:26| SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。