2010年03月09日

クローラーが辿る事が出来る.htmlのリンク構造にする

ビジネスホームページや、ビジネスブログでクローラーが辿る事が出来ないhtmlのリンク構造を使っている方が結構いらっしゃる。

ビジネスブログやビジネスホームページでサイト内部に沢山ページを量産しても検索エンジンに認識されインデックスされなければ無いのと同じである。
サイト内部に多くのページを抱え、その全てのページからトップページや上位表示させたいページにリンクを張っても、リンクを張ったページ達が検索エンジンにインデックスされていないなら、被リンク効果はゼロである。
意味無し。

人間の目で被リンクと認識されるリンクであれば、検索エンジンも被リンクと認識するだろうと考えているようでは甘い。
検索エンジンには辿る事の難しいリンクがあるのだ。

例えば、<option>タグのvalue属性のリンクだ。
あれは基本的にGoogleでもYahooでもインデックスされない。
しかし、最近Googleでインデックスされいるページをお客様のサイトで見つけたので、Googleは<option value=""></option>のリンクを辿ってインデックスするようになったのかもしれない。

しかし、トンちゃんの実験サイトではいまだにGoogleでもインデックスされていないので、<option value="">タグはインデックスして欲しいページのリンクとしては使わない方が良いというのがトンちゃんの見解だ。

できるだけ、<a href="">タグでサイト内のリンクを構築するようにしたほうが良い。
SEO対策を意識するのであれば。

SEO会社Yahoo SEOYahoo SEO

検索エンジン対策SEO対策SEO


東京や神奈川や埼玉や千葉で一人暮らしをしているなら、単身の引越しサービスが最適。
引越しハート単身便なら急な引越しにも対応。
posted by SEOコンサル at 22:44| SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。