2009年08月11日

Bingの検索アルゴリズムは、Googleに結構近い。インデクサーのインデックス作成基準は全く違うが

Bingの検索アルゴリズムは、Googleに結構近い。
膨大な数の検索結果検証を毎日繰り返している間に、この事に気がついた。
とにかく、毎日来る日も来る日もBingの膨大な検索結果データを眺めていると色々見えてくる。
膨大な検索結果情報を左脳では無く、右脳で処理していく感じで流し込んで行くと、突然閃きがやってくる。

この閃きが検索アルゴリズムが見える瞬間である。
私はこうやって、YahooでもGoogleでもBingでも膨大な検索結果情報をひたすら脳に流し込んでいる。
流し込んでいる間は何も考えていない。
ただ、右脳で情報をどんどん飲み込んで行く。

それが閾値を越えた瞬間、閃きとなるのだ。
おそらく、発明と呼ばれるものも、私と同じようなプロセスを踏んで生まれてくるのではないか?

以前から私はBingの検索アルゴリズムとGoogleの検索アルゴリズムはかなり近いんじゃないかという仮説は立てていた。
管理しているサイト群やお客さん達のサイト群の検索順位などをチェックしていて感じてはいた。

逆にYahooの検索アルゴリズムはGoogle・Bingとはビックリするくらい違う。
全く別物だ。
それが今日はっきりと分かった。
もともと分かってはいたが、これだけはっきりと検索アルゴリズムの違いを識別する事は過去の自分には出来なかった。

GoogleとBingの検索アルゴリズムはかなり似ているが、クローラーやインデクサーに関しては、全く違う。
ページが「インデックス」されれば、GoogleでもBingでも似たような検索アルゴリズムで検索順位が弾き出される。
しかし、多くの場合、新規WebページはGoogleではインデックスされるが、Bingではインデックスされないので、検索結果は全く違ったものとなる。
インデクサーによる、インデックス作成基準がGoogleとBingでは全く違う。
それゆえ、検索結果は全く違ったものになる。

SEO対策Yahoo SEO対策SEOホームページ制作Yahoo SEOGoogle SEOホームページ作成Bing SEOホームページGoogle SEO対策Bing SEO対策加齢臭加齢臭サプリメント宝塚歌劇団加齢臭シャンプー加齢臭石鹸
posted by SEOコンサル at 20:34| SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。