2009年06月17日

ブログ市長(竹原信一氏)復活再選

記事「ブログ市長竹原氏が再選 阿久根市長選」「ブログ市長竹原信一氏が再選 鹿児島・阿久根市長選」によると、ブログ市長(竹原信一氏)復活してたようですね。
最近はブログ市長のブログを読む暇が無かったので久しぶりに訪問。
特攻トン長は応援しているので、とってもうれしいですね^^。

ブログ市長(竹原信一氏)の声が市民に通じたんでしょうな。

ブログ市長(竹原信一氏)に届いたメールの引用をここでも引用させて頂きます。

お名前:匿名希望
コメント:あなたのされていることは賛成できない。私は鹿児島とまったく関係ないし、あなたが何をしようがまったく関係はないのだが、あなたが余計なことをして、人の生活をむちゃくちゃにしているのを見るのは、日本全体に悪影響だ。馬鹿なマスコミ、マスゴミといっしょになって、おもしろおかしくやっていればよいというレベルにしか思えない。いい加減まともになってください。立場があるというのに。一応言っておきますが、私は国の役人で、そこそこの見識はあるはずの人間です。なにもあなたに求めるとかなんとかまったく関係ないですが、普通の人間はあなたのことをこう思ってみているということをわかったほうがいいですよ。

国の役人からのメールらしいが、「人の生活をむちゃくちゃにして」という部分に疑問をもった。
特攻トン長に言わせると「何言ってんだ?この役人は」って感じだ。
むちゃくちゃにしてるんじゃ無くて、正常化してるんだろうが。
給料に見合う仕事をしてりゃ、誰も役人に文句言わねぇよ。
やってねぇと思ってる市民が沢山いるから、今回も竹原信一氏が当選したんだろうが。
市民が下した審判、胸に刻めよ。
700万の給料もらうなら、700万を超えるだけの価値を市民に提供しろよ。
市民に700万以上の価値があるサービスをしてくれたと思わせるだけの仕事してみろや。
寝言はそれから言え。

竹原信一氏(ブログ市長)は人(役人)の生活をむちゃくちゃにしているんじゃない。
竹原信一氏(ブログ市長)が役人を本来のあるべき姿に回復させようとしているだけだろが。

記事「ブログ市長(竹原信一氏)当選も立場変える市議なし…議会との溝深く」で、ブログ市長(竹原信一氏)「みなさんのおかげであり、みなさんの責任です」とおっしゃったのが印象的だった。
市民は当選させたらそれで終わりでは無い。
これから起きる改革の結果に対しても責任を負わねばならない。

日本全体の政治に関しても同じ事だ。
日本の今の現状は過去の政治家に責任があるのではない。
政治家を選んだ、我々国民に責任があるのだと自覚する必要がある。

今回の市長選挙は豚の頭投げ込まれた壮絶選挙だったようだ。
8449票対7887票という僅差。
特攻トン長にとって驚きだったのは、改革ではなく阿久根市の今の現状を肯定する人間が7887人とおよそ半数近くいる事だ。
自分の市の未来をどう考えているんだろうか?
現状維持と肯定で未来が良くなると考えている人が7887人と半数もいることに驚きを隠せない。

トンちゃんSEO対策Yahoo SEO対策被リンクSEO対策濃いSEOYahoo!SEO対策コトンSEO対策特攻トン長SEO対策初心者SEO対策Yahoo SEOヤフーSEO対策

posted by SEOコンサル at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。