2010年03月09日

クローラーが辿る事が出来る.htmlのリンク構造にする

ビジネスホームページや、ビジネスブログでクローラーが辿る事が出来ないhtmlのリンク構造を使っている方が結構いらっしゃる。

ビジネスブログやビジネスホームページでサイト内部に沢山ページを量産しても検索エンジンに認識されインデックスされなければ無いのと同じである。
サイト内部に多くのページを抱え、その全てのページからトップページや上位表示させたいページにリンクを張っても、リンクを張ったページ達が検索エンジンにインデックスされていないなら、被リンク効果はゼロである。
意味無し。

人間の目で被リンクと認識されるリンクであれば、検索エンジンも被リンクと認識するだろうと考えているようでは甘い。
検索エンジンには辿る事の難しいリンクがあるのだ。

例えば、<option>タグのvalue属性のリンクだ。
あれは基本的にGoogleでもYahooでもインデックスされない。
しかし、最近Googleでインデックスされいるページをお客様のサイトで見つけたので、Googleは<option value=""></option>のリンクを辿ってインデックスするようになったのかもしれない。

しかし、トンちゃんの実験サイトではいまだにGoogleでもインデックスされていないので、<option value="">タグはインデックスして欲しいページのリンクとしては使わない方が良いというのがトンちゃんの見解だ。

できるだけ、<a href="">タグでサイト内のリンクを構築するようにしたほうが良い。
SEO対策を意識するのであれば。

SEO会社Yahoo SEOYahoo SEO

検索エンジン対策SEO対策SEO


東京や神奈川や埼玉や千葉で一人暮らしをしているなら、単身の引越しサービスが最適。
引越しハート単身便なら急な引越しにも対応。
posted by SEOコンサル at 22:44| SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検索需要のあるキーワードで記事を書く

言うまでも無いが、検索需要の有るキーワードで記事を書かなかった場合、検索ユーザーは貴方のビジネスホームページに集まる事は無い。

サテライトサイトでは、いちいちキーワード需要を調べて記事など書いてはいられないがメインのビジネスホームページではキーワードごとの検索需要をしっかり調べてからページを作って行く必要がある。

では、ビジネスブログではどうすべきか?
ビジネスブログでは使い方次第である。
ビジネスブログのトップページが大きめのキーワードで1位表示されているなら、そのキーワードでやってくる検索ユーザーに最適化させた記事を書けばよいので、特に投稿する記事毎にキーワード選定をするだとか考える必要は無い。

アフィリエイトブログの場合使い方次第である。
上記のように、ある程度ターゲット訪問者が見込めるビッグなキーワードで上位表示されている場合は、そのターゲット訪問者に最適化した記事を書けばよいのでキーワード選定は不要だ。
定着している読者に更新頻度等も適化させて情報発信をしていけば良い。

物販アフィリでピンポイントで検索ユーザーをテールページにランディングさせる場合は、キーワードの検索需要の調査が必要だ。
読者を定着させる事が目的では無く、直にアフィリエイトリンクを辿って頂く事が目的なので、ブログの更新頻度は関係無い。
重要なのは、検索需要のあるキーワードで記事を書く事と、そのページへの外部被リンク対策のみである。

Yahoo SEOGoogle SEOSEO格安SEO格安

帽子 通販帽子屋帽子 通販 大きめのサイズキャスケット 通販ハット 通販
posted by SEOコンサル at 21:26| SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。